• 完全予約制
  • 営業時間
    月・火・木・金・土・祝日 12:00~24:00
  • 定休日
    水曜・日曜

お悩みの症状

頭痛

頭痛

頭痛はもっともよく見られる症状の一つで、頭痛の患者数は日本で4,000万人とも言われています。その原因はさまざまで、自然におさまる軽症のものから、中には命にかかわる病気が隠れていることもあります。生活習慣による身体のクセや疲労の蓄積、背骨の歪みを原因とした緊張性頭痛などが有名です。

頭痛のほとんどは良性といわれますが、くも膜下出血、脳腫瘍、髄膜炎などの可能性もあります。日々悪化する頭痛や突然の強い痛み、手足の動きに違和感、発熱や嘔吐を伴った頭痛の場合は悪性の可能性も視野に急いで病院の受診をするようにしてください。

頭痛の種類とその原因

頭の「外」が原因の頭痛

1.緊張性頭痛 :肩こり等の筋肉の緊張が原因となり後頭部を締め付けるような痛みを伴います。
2.副鼻腔炎 :鼻の奥(副鼻腔)での炎症を原因として、発熱、鼻づまりを伴います。
3.緑内障 :眼球内の圧力が上昇する為に起こる病気。視野の異常や目の奥に痛みを感じます。
4.帯状疱疹 :水疱瘡のウイルスが、免疫低下に伴い発症。発疹(皮膚のブツブツ)を伴います。
5.その他 :中耳炎、側頭動脈炎、などを原因とした頭痛も考えられます。

頭の「内」が原因の頭痛

1.偏頭痛 :不規則な生活やカフェイン摂取から誘発され、ズキン、ズキンと痛みます。
2.くも膜下出血 :脳動脈瘤の破裂が原因。激しい痛みや吐き気、失神を伴います。
3.脳腫瘍 :脳腫瘍を原因として進行性に悪化したり、麻痺や言語障害を伴うこともあります。
4.髄膜炎 :細菌やウイルス感染を原因として、高熱、嘔吐、痙攣、意識障害などを伴います。
5.その他 :群発頭痛、脳動脈解離、硬膜下血腫、脳内血腫、脳炎などもここに含まれます。

当院の施術法

当院へ来られる方の多くは緊張性の頭痛に悩まれており、専門コースで重点的に施術することで改善される方も多くみえます。専門コースからまずはお試しください。

料金ページはこちら

肩こり

肩こり

重たい頭を支える首や、二本の腕の重さが集中する肩は、普通に暮らしているだけでもこりやすい場所だといえます。実際に、今抱えている自覚症状について調べてみると、女性の訴える自覚症状の1位が肩こりです。

肩こりは首や肩の筋肉が張ったような症状ですが、筋肉の緊張で血液の流れが悪くなると疲労物質がたまってさらにこりがひどくなるという悪循環が起こり長引きやすい特徴があります。ひどくなると頭痛やめまいを引き起こしてしまうことがあります。

肩こりの原因

頚部の椎間板ヘルニアや頚椎症、四十肩・五十肩のような運動器の病気が首痛・肩こりの原因になります。このような病気が見つかればそれを治療することが先決ですが、実際には大半の首痛・肩こりはこれらの病気に該当せず、原因がはっきりしません。 このような首痛・肩こりは、姿勢の悪さ、精神的なストレス、疲労、筋力の低下などの要因が複雑に重なり合っていることが考えられます。

当院の施術法

首、肩の周りには小さな筋肉が沢山あり、なおかつ筋肉が何層にもなっています。当院では筋肉の間から指を滑り込ませ深部の筋肉をほぐす等により肩こりの解消を目指します。肩こりのみでお悩みの方は少なく、むくみや冷え性、疲れが取れない等の悩みも合わせて抱える方が多いです。
そんな方には疲れの箇所を重点的に、個々の悩みに合わせた全身ケアをオーダーメイドで提供するリラクゼーションコースがオススメです。

料金ページはこちら

腰痛

頭痛

腰痛に悩んでいる日本人はとても多く、ある調査では3000万人の人が腰痛に悩まされているという試算もあります。それほど腰痛が多発するのは腰の構造に理由があると考えられます。腰には上半身の重さが全てかかっている上に回したりひねったりと自由に動かせる場所でもあるので負担がかかりやすいのです。

腰痛にはいろいろな筋肉や神経が関わっているので部分的なパーツに着目した施術ではなく、身体全体のバランスを重視した施術を行います。

腰痛の原因

腰部脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアといった背骨の病気による腰痛の他、内臓や血管の病気によっても腰痛は引き起こされます。とくに内臓疾患が原因の腰痛の中には命に関わるものもあるので、激しい痛みを感じたらまずは病院で検査を受けることをおすすめします。

しかし、このような病気による腰痛は実は全体の一部にすぎず、多くの腰痛は検査をしてもとくに異常が見当たらないか、歳相応の変化しか見つからないことが多いのです。このような腰痛は生活習慣やストレス、筋肉の疲労や血流の減少などの要因が複雑に重なり合って引き起こしていると考えられます。この場合、慢性化しやすい傾向があります。

当院の施術法

当院では問診・検査により、痛みの原因を見つけ出し、鍼灸療法と手技療法で治療を行っています。どう動かすと痛むのか原因を見つけ施術をします。痛みを伴う無理な施術は行いません。まずは専門コースで部分治療から初めてみましょう。

料金ページはこちら

関節痛

関節痛

歳を重ねるにつれて「身体の節々が痛む」と関節痛に悩まされる方は多いです。代表的なのは膝や股(腰)の変形関節症です。それ以外には痛風や関節リウマチなどの疾病によるものも含まれますが、加齢に伴って仕方がないと多少の痛みや違和感は我慢してしまう人が多いようです。

さらに大きな障害につながる前に、また健康寿命を伸ばす為にも早期から適切なケアをすることが大切です。

関節痛の原因

関節痛と呼ばれ最も有名な変形関節症は日本国内でも2,500万人以上と推計されています。関節にある軟骨がすり減って変形したり、骨と骨がこすれたりすることで炎症が起こる病気です。

西洋医学において根本的な治療薬はなく、鎮痛薬で痛みを軽減したり、関節の潤骨液として機能するヒアルロン酸などを関節内に注射するといった対処療法が中心になります。健康寿命を伸ばすためには加齢に伴い固くなってしまった膝関節に関与する筋肉や、膝のおさら周囲の組織を柔らかくほぐし、膝関節の変形の進行を遅らせることが大切になってきます。

当院の施術法

すり減った軟骨の復元はできませんが、骨盤矯正や関節周囲の組織をほぐし痛みを緩和させる為に専門コースからお試しください。
必要な筋力をつけることでも痛みの改善は見込まれパーソナルトレーニングコースもご用意しております。

料金ページはこちら

婦人科系疾患

頭痛

女性はホルモンバランスの変化により体調への不調に影響を受けやすく、それは自律神経の乱れにも大きく影響を及ぼします。その為、生理痛に限らず、冷え性、更年期障害など数多くの悩みを抱えながら生活をしています。その為、その時々の体調に合わせた心身のケアを行っていくことで未然にトラブルを避けることもできるようになります。

婦人科系疾患の原因

婦人科系疾患の例として月経困難症(生理痛)、月経異常、冷え性、更年期障害、子宮筋腫不妊症、子宮内膜症など多くの疾患、症状が考えられます。その中でもホルモンバランスと自律神経の乱れを整えることで改善されるものは少なくありません。

一人で悩んでしまいがちではありますが、整体や鍼灸治療によって頭蓋骨、内臓、頚椎、仙骨、脊柱を整えて自律神経はコントロールすることが出来ます。身体のバランスを整えてあげることで免疫機能も高まり、痛みも出にくい身体にしていくことが出来ます。

当院の施術法

鍼灸による刺激が自律神経や免疫の働きに作用し、婦人科系疾患に対する有効性が認められていることからも当院では鍼灸治療を推奨しております。初めての方でも不安なく受けていただけるようにご案内致しますので気兼ねなくお尋ねください。

料金ページはこちら

これらの症状でお悩みの方

当院では、カイロプラクティックのようなバキバキと音を鳴らず施術や、強圧での痛い施術は致しません。お身体に負担を掛けない安心安全な施術を行っていきます。
また、当院の施術は一時的な改善ではなく、根本的な原因を見つけて改善を目指します。お身体の状態に合ったアドバイスをさせていただきます。

お問い合わせはこちら

完全予約制

LINE Instagram TOPページボタン

LINE

Instagram